時間がかかっても、コツコツとダイエットにいいことをすることが減量の秘訣です。多くの場合、ダイエットをスタートさせた直後は体重はスムーズに減っていきますが、段々と減りづらくなって、減量の効果が感じにくくなっていきます。ダイエットをしている時に重要なものは、体重の減りがゆっくりになった時に、いかにしてモチベーションを維持することができるかです。体重を落とすことが健康にいい効果があるという場合でも、過度のダイエットは健康を阻害する要因になります。急激に体重が落ちると身体にいい影響がありませんので、ダイエットをする時はゆっくりとしたペースで減量をします。ダイエット中は、毎日努力を続けているつもりでも、体重が少しだけ増えるという場合もあります。ヘルスメーターの結果を記録するというダイエット方法もありますが、いちいち増えた減ったと気に掛けすぎないことです。長期間のダイエットをする時には、小さいリバウンドや、停滞期は起こりえますので、多少の体重の増加は気にすることはありません。ダイエットを続ける時は、少々の体重増加も誤差の範囲内と思うくらいがちょうどいいものです。ダイエットをする時は、体重さえ減ればいいという考え方ではなくて、健康増進と両立させた痩せ方を目指すようにしましょう。減量のためとはいっても、食べる量を少なくしすぎると、そのせいで栄養が欠乏してしまいます。健康にいい減量をするには、カロリーは体が必要としている量を摂った上で、運動をして筋肉を鍛えて痩せることです。
ジッテプラス 顔